top of page

十代目を偲ぶ


今日は流派の年度末総会…だったのだけど 先月、家元:三津五郎が他界してしまったので 総会延期で、偲ぶ会が執り行われました。

葬儀では既に荼毘にふされていたので 肉体無くして実感なし そのあとは、お稽古場の床の間の写真を見ながら ずっと偲んでいたけど…… 今日も写真や映像あるものの、当然、肉体は無い… ただ今日は「生前」とか「意思をついで」とか そんな言葉が多く聞かれ なんとなく実感に似た気持ちがわくものです。

淡々と稽古するしかないね まだ、どこかで生きている錯覚が私の中にあります。

最新記事

すべて表示

三津弥先生の思い出

坂東三津弥先生の元へお稽古に伺わせていただいたのは24歳の頃 ご自宅のお稽古場へ伺う作法も皆無の恐れを知らぬ頃

国立劇場★視聴室

今日は手前にある「視聴室」へ⁡ ⁡10月までは利用できる ⁡11月からの利用方法は未定だそうで⁡ 何らかの形で継続していけますように★⁡ ⁡⁡⁡奥の⁡「中稽古場」は⁡ ⁡坂東流の部活で⁡ 沢山お世話になりました ⁡⁡#北州 #日本舞踊 ⁡ #30~50年前の諸先輩方の踊りが力強く豊か

Comments


bottom of page