新名取さん誕生♪

先の坂東流名取り試験に合格し

お弟子さんの千紘ちゃんが 坂東 映珀(ばんどう てるはく) を名乗ることが許されました。 皆様、どうぞよろしくお願い致します。


日本舞踊は自分の名前に師匠の一文字を入れる事が多いのですが、当教室では、私の師匠から私自身が貰っている「映(てる)」の文字を使うようにお願いしています。 「映」のあとに続く文字は、千紘ちゃんが時間をかけて考えました。 最後に「侃(なお)」との2択となり、最終的に運を天に任せあみだくじにて決定しました。 格好良い名前ですね。皆様、お見知りおきくださいませ。 コロナ禍、いろいろなチャレンジを閉ざされた中で、今回の試験にチャレンジし結果に繋げた事は、本人にとっても、久しぶりの緊張感を伴い、達成感ある充足した時間だったようです。

私からの厳しい指導も、涙をこらえながら良く頑張りました。 気持ち折らずに、懸命に指導に耳を傾け身体に反映する姿は、私から見ていても立派でした。ありがとうございます。 試験が終わったら食べようねと約束していた 浅草梅園の「クリーム白玉あんみつ」 ささやかながら2人で合格お祝会

最新記事

すべて表示

2021年は私の舞踊人生では とても記念な一年でした 1月 日本舞踊協会新春舞踊大会にて奨励賞 6月 芸能体験授業講師 8月 城西舞踊会『お染久松』女猿曳き役 9月 三津映の会『鏡獅子』 11月 日本舞踊協会山梨支部公演『檜男』 12月 キッズ伝統芸能講師スタート 4歳からはじめた日本舞踊は習い事が 27年前、ある5人の舞踊家さんと 群舞をご一緒させていただいた出会いが 舞踊家への舵を