top of page

本番前に見る夢

12月23日に踊ります。

来週が業者さん&出演者一同あつまっての通し稽古のため、事務作業が大詰めな近頃

で、裏方に関わり度が高い会の本番が近づくと ここ数年よく見るのが『本番当日の夢』

他の用事に追われ 楽屋の支度に入り遅れ 自分の出番に間に合わない 音鳴り始めてるけど・・・え、どーすんの? ってパターンです。

大抵、そこで目が覚めるのが不思議

夢の中で解決に至った事は無いので どーしよっ!って、 ドキドキしながら目覚めます。

今回、夢で追われた用事は ①子ども達が七年前くらいの幼子期に戻りやらかしたイタズラ処理 ②出演仲間が独断で頭にティアラを付けて舞台に出てしまった という対応でした。 現実にはありえない事が起こる夢は面白い

本当に楽屋の支度遅れたとしたら 絶対に私より先に業者さんが焦ってくれるのが現実

どぅやら本番は大丈夫なハズ・・・と自分を落ち着かせて一日をスタートさせます。

12月23日踊ります。 ご都合よければ是非見に来てくださーい。 もぅすぐ詳細アナウンスします。

最新記事

すべて表示

三津弥先生の思い出

坂東三津弥先生の元へお稽古に伺わせていただいたのは24歳の頃 ご自宅のお稽古場へ伺う作法も皆無の恐れを知らぬ頃

国立劇場★視聴室

今日は手前にある「視聴室」へ⁡ ⁡10月までは利用できる ⁡11月からの利用方法は未定だそうで⁡ 何らかの形で継続していけますように★⁡ ⁡⁡⁡奥の⁡「中稽古場」は⁡ ⁡坂東流の部活で⁡ 沢山お世話になりました ⁡⁡#北州 #日本舞踊 ⁡ #30~50年前の諸先輩方の踊りが力強く豊か

Comments


bottom of page