top of page

演劇という産業について

先日、とても魅力的な俳優さんが現世を去りました。 生前の彼の活動や才能、交友関係を紹介する好意的な記事が多い中、 ひときわ私の心に深く響く記事がありました。

私も演劇人のはしくれとして、共有出来る温度感や気持ちがあって、 演劇が時間をかけて人が作り上げてきた産業であることを その産業は毎日どこかで生み出され終わっていくことが 彼の行動と短い言葉にとてもしっかりと深く表現されていて きっとこの公演にも出来る限りの努力をして最善を尽くしたのだろう こういう方の座組公演は観客含め関係者は良い時間を過ごしただろうなあっと思います。 伝統は大切と耳にしますが、 演劇が産業であるという価値観は一般的に日本には余り定着しておらず。 文化って無くなっても別に生活に何の影響も無いのですが 自国を誇れるものと考えた時、文化って大きなチョイスだと思っています。

最新記事

すべて表示

三津弥先生の思い出

坂東三津弥先生の元へお稽古に伺わせていただいたのは24歳の頃 ご自宅のお稽古場へ伺う作法も皆無の恐れを知らぬ頃

国立劇場★視聴室

今日は手前にある「視聴室」へ⁡ ⁡10月までは利用できる ⁡11月からの利用方法は未定だそうで⁡ 何らかの形で継続していけますように★⁡ ⁡⁡⁡奥の⁡「中稽古場」は⁡ ⁡坂東流の部活で⁡ 沢山お世話になりました ⁡⁡#北州 #日本舞踊 ⁡ #30~50年前の諸先輩方の踊りが力強く豊か

Comments


bottom of page