H28 新春舞踊大会

今シーズンもやってまいりました。 そう、日本舞踊のコンクールっす。 http://nihonbuyou.or.jp/Performances/detail/214

私の場合、 本番の4ヶ月前に予選があり・・・ 2ケ月前から作品の大詰めに入り・・・ 本番を迎え 1ヶ月後の審査結果から気持ちの切り替えに1ヶ月かかり 次のチャレンジに向けて新しい踊りを覚える・・・ そんなサイクルなもんで これに出演するようになってから一年がとても早く感じます。

私の出番は 1月7日夜の部(19時頃) 清元「玉屋」 於:国立小劇場(半蔵門) 自由席:3,500円 今回はとても穏やかな「しゃぼん玉売りさん」の踊りです



まだ2ケ月以上も先の話ですので、 下浚いの折などに、またお知らせしますね。

ご都合良ければ映司の健闘を観に来てね♪


最新記事

すべて表示

← 未来座才てるてる日記⑥ 💫 スタッフ様への依頼 💫 出演者様への依頼 私がお願いして大丈夫なのか? 内心、戸惑いどころでした。面識の無い方もいらっしゃいましたので、当然ながら相手は私を知らないわけで…丁寧に説明はさせていただいたのですが…。 私からの連絡を受け話しを聞いてくださった全皆様、お返事には可否が当然ながらありますが、丁寧にお返事をくださいました。感謝。 実際に稽古に入ると、オファ

← 未来座才てるてる日記⑤ 脚本&台本 一言で言ってはいけないんだけど 本っっっ当〜〜〜っに! 大変な作業だったと思う!! 見守る事しか出来ませんでしたが 脚本創り始めから千秋楽まで 『銀河鉄道999』という作品への敬意 率直に凄いなぁと思いました。 作品創りでブレ無いということは とても大切な事で 稽古中、何度か見かけた場面にも 私はとても素晴らしいと感じたのは 出演の先生方が丁寧に原作をなぞっ

← 未来座才てるてる日記④ 作品を創るということは 本当に沢山のやることがあるのですね まずは大筋 🌟脚本 → 演出 → スタッフ 🌟舞踊台本 → 上演時間 → 出演者 を見える化していく この根幹となる脚本&台本 この人選には時間はかからなかった 版権元様プレゼン会議終盤、フランクに話している時に、版権元様からリーダーにかけられたこんなお言葉 「素材だけしか見てなくて作品を知らずに、ドラマテ