代表者:マルゲスティ

彼女が今回のインドネシア側の代表者。 現地では、女性実業家としての地位は高いらしく 劇団を運営しているのだが、その劇団員達を養ってもいるらしい。 活動もほぼボランティアで、彼女の功績、コネクションは目覚しいものがある。 今回の公演ツアーも、インドネシアのあらゆる地の彼女のコネクションがあって実現している。しかもそれぞれの地でついたスポンサーに金銭面を援助してもらっているので日本の助成金無くとも金銭的にはずいぶん楽な旅が出来た。 たぶん私の想像以上に彼女はすごい人なのだが まったく自分を鼻にかけていない。 常に相手の立場となり献身的に尽くす。 彼女のこの姿勢が、全スタッフにも現れているように思う 非常に心のあたたかい、意思の熱い女性。 今回の旅でも、要所要所ではポイントをつき 必要以上に発言はしない その代わり、私達の健康面に留意し、 差し入れのオヤツは、彼女の手作りだったり、 2日に一度は、何か手作りのものをプレゼントして 私達に敬意を表明してくれた。 彼女のスタッフは、生活をともにしているの、家族のようなもの 本当にステキな家族だと思った。

最新記事

すべて表示

2021年は私の舞踊人生では とても記念な一年でした 1月 日本舞踊協会新春舞踊大会にて奨励賞 6月 芸能体験授業講師 8月 城西舞踊会『お染久松』女猿曳き役 9月 三津映の会『鏡獅子』 11月 日本舞踊協会山梨支部公演『檜男』 12月 キッズ伝統芸能講師スタート 4歳からはじめた日本舞踊は習い事が 27年前、ある5人の舞踊家さんと 群舞をご一緒させていただいた出会いが 舞踊家への舵を