移動バス運転手:荒くれロイヤニャー


そう彼は前述でも出てきたように

別名「荒くれロイヤニャー」

お喋り好きで、明るい


今回のツアーは安全面を考えて、移動はチャーターバス。

契約運転手として「ヨネスケ」と「荒くれロイヤニャー」が交代制です。

どうやらロイヤニャーの方がベテランらしく 全工程の3/4はロイヤニャーだったんじゃないかな??

平気で何時間も運転してるんで、少々心配になるが 彼はいつも親指を立てて笑顔で挨拶をしてくれる。

旅行の最後の工程では、さすがに心配になり、何度も疲れてない?

と聞いてしまったし、到着先では、心から「ありがとう」とお礼を言った。

バス会社の契約運転手なので、スタッフと行動はともにしない

あくまでも、現地までの運転のみ。 なので宿もない、

この旅の工程で運転手さん達は、バスで寝泊りをする。

本来ならバス会社で宿をとるのだろうが、ここではそれは省かれるらしい・・・

確かに、日本でも修学旅行でバス移動しても 目的地についたら、バスの運転手さんは別行動だもんね・・・


だが、私にとっては、彼はこの旅行で、影の重要人物だった。

存在感は充分。 彼はひょうきんでおちゃめ。

自称、既におじいちゃんで孫がいるらしい。

そして、いかにもインドネシア人の適当なところも併せ持ち

地図を見るということをしないので 目的地に間違えずに着くことがない・・・

もちろん大きな間違いではなく 1本道を間違えたといったくらいの話なのだけど

彼は間違えていないと言い張り、 現地スタッフも分かっているだけに困ったり

最後の方は、日本人たちも彼のドジぶりは分かり

インドネシア語のケンカはたいていがロイヤニャーの道間違い

と分かり「あ~あロイヤニャーったら、またやっちゃった★」 と突っ込まれていた。


それでもロイヤニャーの運転士としてのプライドは高かった

国道を走らせれば、追い越しまくり 時に反対車線を暴走

最初の頃は「ええええ!!!間違ってるってば!!」 って感じだったけど

いえいえインドネシアの車達、平気で空いている反対車線を暴走したりする・・・

とにかく交通ルールはあって無いようなもの

聞くと年間の交通事故数も多いらしい・・・

運転中は前方を見ないことにした。

夜間は目を瞑るか寝る、昼は寝るか横の景色を楽しむか

こわかったあああああ

今思えば、ロイヤニャーに命をあずけたと言っても過言でないね

最新記事

すべて表示

← 未来座才てるてる日記⑥ 💫 スタッフ様への依頼 💫 出演者様への依頼 私がお願いして大丈夫なのか? 内心、戸惑いどころでした。面識の無い方もいらっしゃいましたので、当然ながら相手は私を知らないわけで…丁寧に説明はさせていただいたのですが…。 私からの連絡を受け話しを聞いてくださった全皆様、お返事には可否が当然ながらありますが、丁寧にお返事をくださいました。感謝。 実際に稽古に入ると、オファ

← 未来座才てるてる日記⑤ 脚本&台本 一言で言ってはいけないんだけど 本っっっ当〜〜〜っに! 大変な作業だったと思う!! 見守る事しか出来ませんでしたが 脚本創り始めから千秋楽まで 『銀河鉄道999』という作品への敬意 率直に凄いなぁと思いました。 作品創りでブレ無いということは とても大切な事で 稽古中、何度か見かけた場面にも 私はとても素晴らしいと感じたのは 出演の先生方が丁寧に原作をなぞっ

← 未来座才てるてる日記④ 作品を創るということは 本当に沢山のやることがあるのですね まずは大筋 🌟脚本 → 演出 → スタッフ 🌟舞踊台本 → 上演時間 → 出演者 を見える化していく この根幹となる脚本&台本 この人選には時間はかからなかった 版権元様プレゼン会議終盤、フランクに話している時に、版権元様からリーダーにかけられたこんなお言葉 「素材だけしか見てなくて作品を知らずに、ドラマテ