移動バス運転手:荒くれロイヤニャー


そう彼は前述でも出てきたように

別名「荒くれロイヤニャー」

お喋り好きで、明るい


今回のツアーは安全面を考えて、移動はチャーターバス。

契約運転手として「ヨネスケ」と「荒くれロイヤニャー」が交代制です。

どうやらロイヤニャーの方がベテランらしく 全工程の3/4はロイヤニャーだったんじゃないかな??

平気で何時間も運転してるんで、少々心配になるが 彼はいつも親指を立てて笑顔で挨拶をしてくれる。

旅行の最後の工程では、さすがに心配になり、何度も疲れてない?

と聞いてしまったし、到着先では、心から「ありがとう」とお礼を言った。

バス会社の契約運転手なので、スタッフと行動はともにしない

あくまでも、現地までの運転のみ。 なので宿もない、

この旅の工程で運転手さん達は、バスで寝泊りをする。

本来ならバス会社で宿をとるのだろうが、ここではそれは省かれるらしい・・・

確かに、日本でも修学旅行でバス移動しても 目的地についたら、バスの運転手さんは別行動だもんね・・・


だが、私にとっては、彼はこの旅行で、影の重要人物だった。

存在感は充分。 彼はひょうきんでおちゃめ。

自称、既におじいちゃんで孫がいるらしい。

そして、いかにもインドネシア人の適当なところも併せ持ち

地図を見るということをしないので 目的地に間違えずに着くことがない・・・

もちろん大きな間違いではなく 1本道を間違えたといったくらいの話なのだけど

彼は間違えていないと言い張り、 現地スタッフも分かっているだけに困ったり

最後の方は、日本人たちも彼のドジぶりは分かり

インドネシア語のケンカはたいていがロイヤニャーの道間違い

と分かり「あ~あロイヤニャーったら、またやっちゃった★」 と突っ込まれていた。


それでもロイヤニャーの運転士としてのプライドは高かった

国道を走らせれば、追い越しまくり 時に反対車線を暴走

最初の頃は「ええええ!!!間違ってるってば!!」 って感じだったけど

いえいえインドネシアの車達、平気で空いている反対車線を暴走したりする・・・

とにかく交通ルールはあって無いようなもの

聞くと年間の交通事故数も多いらしい・・・

運転中は前方を見ないことにした。

夜間は目を瞑るか寝る、昼は寝るか横の景色を楽しむか

こわかったあああああ

今思えば、ロイヤニャーに命をあずけたと言っても過言でないね

最新記事

すべて表示

2021年は私の舞踊人生では とても記念な一年でした 1月 日本舞踊協会新春舞踊大会にて奨励賞 6月 芸能体験授業講師 8月 城西舞踊会『お染久松』女猿曳き役 9月 三津映の会『鏡獅子』 11月 日本舞踊協会山梨支部公演『檜男』 12月 キッズ伝統芸能講師スタート 4歳からはじめた日本舞踊は習い事が 27年前、ある5人の舞踊家さんと 群舞をご一緒させていただいた出会いが 舞踊家への舵を