日本舞踊の公演を見た友人の感想をピックアップ①

日曜日、日本舞踊を娘と国立劇場に見に行きました。

友曰く、日本舞踊は、日本の歴史を経て、作り上げられた、目に見えない景色、季節、所作、状況を表現するジャパニーズパントマイム。 携わる人のは表現は実に妙!

舞台上で演じる友人は、まるで別人。 しんとした空気の中、響き渡る声や三味線の音。 遠い昔の空気が、そこにあり、今、失われつつある美しいものが、目に見える形になり、守られて、脈々と伝えられている。 私はどうかな?と思わず我を振り返る時間になりました。 娘の中には何が残ったかな? あいちゃん、みなさま、本当に素晴らしい時間をありがとう。

最新記事

すべて表示

2021年は私の舞踊人生では とても記念な一年でした 1月 日本舞踊協会新春舞踊大会にて奨励賞 6月 芸能体験授業講師 8月 城西舞踊会『お染久松』女猿曳き役 9月 三津映の会『鏡獅子』 11月 日本舞踊協会山梨支部公演『檜男』 12月 キッズ伝統芸能講師スタート 4歳からはじめた日本舞踊は習い事が 27年前、ある5人の舞踊家さんと 群舞をご一緒させていただいた出会いが 舞踊家への舵を