top of page

未来座才てるてる日記⑤



作品を創るということは

本当に沢山のやることがあるのですね


まずは大筋

🌟脚本 → 演出 → スタッフ

🌟舞踊台本 → 上演時間 → 出演者


を見える化していく

この根幹となる脚本&台本

この人選には時間はかからなかった



版権元様プレゼン会議終盤、フランクに話している時に、版権元様からリーダーにかけられたこんなお言葉


「素材だけしか見てなくて作品を知らずに、ドラマティックにするために筋を変えられちゃったりする事もたまにあるんです。お見受けするに、かなりの銀河鉄道999ファンでいらっしゃる、本当によく知ってくださっている。」

その後、原作者様からの許可をいただいた



という事で

プレゼンでやりとりした版権元様のご意向&信頼にそった脚本が必須という認識が一致した日本舞踊銀河鉄道999プロジェクトチーム

満場一致で、

脚本&台本はリーダーが担当する事になった。






最新記事

すべて表示

三津弥先生の思い出

坂東三津弥先生の元へお稽古に伺わせていただいたのは24歳の頃 ご自宅のお稽古場へ伺う作法も皆無の恐れを知らぬ頃

国立劇場★視聴室

今日は手前にある「視聴室」へ⁡ ⁡10月までは利用できる ⁡11月からの利用方法は未定だそうで⁡ 何らかの形で継続していけますように★⁡ ⁡⁡⁡奥の⁡「中稽古場」は⁡ ⁡坂東流の部活で⁡ 沢山お世話になりました ⁡⁡#北州 #日本舞踊 ⁡ #30~50年前の諸先輩方の踊りが力強く豊か

Comments


bottom of page