top of page

未来座才てるてる日記⑥


脚本&台本

一言で言ってはいけないんだけど

本っっっ当〜〜〜っに!

大変な作業だったと思う!!

見守る事しか出来ませんでしたが

脚本創り始めから千秋楽まで

『銀河鉄道999』という作品への敬意

率直に凄いなぁと思いました。


作品創りでブレ無いということは

とても大切な事で

稽古中、何度か見かけた場面にも

私はとても素晴らしいと感じたのは


出演の先生方が丁寧に原作をなぞってくださっていた。作品の中に意味のあるキャラクターを投影して下さっていた。映画見たとか、アニメ見たとか、原作読んだとか、そういう話しで盛り上がってくださっていた。

版権元さんのおっしゃっていた「ドラマティックにするために筋が変わっちゃう」という事にならない為の肝のところで

出演者の先生方が原作に立ち返り、道を外れないかきちんと確認する作業、稽古時間が限られた中、表現を間違えてはいけない、そして、お客様に伝わる表現をしっかり模索している姿は、本当に素敵だなぁと感じました。



結果、原作サイド様、版権元様は作品をご覧になって「素晴らしい、原作に忠実、作品を高めてくださっている、ありがとうございます」

といった内容の感想をくださった。



これは、

日本舞踊家が持つ伝承のスタイルそのもの

受継がれる想いを忠実に吸収し未来へ繋げる

そんな貴重な場面に立ち会えました。





最新記事

すべて表示

三津弥先生の思い出

坂東三津弥先生の元へお稽古に伺わせていただいたのは24歳の頃 ご自宅のお稽古場へ伺う作法も皆無の恐れを知らぬ頃

国立劇場★視聴室

今日は手前にある「視聴室」へ⁡ ⁡10月までは利用できる ⁡11月からの利用方法は未定だそうで⁡ 何らかの形で継続していけますように★⁡ ⁡⁡⁡奥の⁡「中稽古場」は⁡ ⁡坂東流の部活で⁡ 沢山お世話になりました ⁡⁡#北州 #日本舞踊 ⁡ #30~50年前の諸先輩方の踊りが力強く豊か

Comments


bottom of page