未来座才てるてる日記⑥

未来座才てるてる日記⑤


脚本&台本

一言で言ってはいけないんだけど

本っっっ当〜〜〜っに!

大変な作業だったと思う!!

見守る事しか出来ませんでしたが

脚本創り始めから千秋楽まで

『銀河鉄道999』という作品への敬意

率直に凄いなぁと思いました。


作品創りでブレ無いということは

とても大切な事で

稽古中、何度か見かけた場面にも

私はとても素晴らしいと感じたのは


出演の先生方が丁寧に原作をなぞってくださっていた。作品の中に意味のあるキャラクターを投影して下さっていた。映画見たとか、アニメ見たとか、原作読んだとか、そういう話しで盛り上がってくださっていた。

版権元さんのおっしゃっていた「ドラマティックにするために筋が変わっちゃう」という事にならない為の肝のところで

出演者の先生方が原作に立ち返り、道を外れないかきちんと確認する作業、稽古時間が限られた中、表現を間違えてはいけない、そして、お客様に伝わる表現をしっかり模索している姿は、本当に素敵だなぁと感じました。



結果、原作サイド様、版権元様は作品をご覧になって「素晴らしい、原作に忠実、作品を高めてくださっている、ありがとうございます」

といった内容の感想をくださった。



これは、

日本舞踊家が持つ伝承のスタイルそのもの

受継がれる想いを忠実に吸収し未来へ繋げる

そんな貴重な場面に立ち会えました。



未来座才てるてる日記⑦



最新記事

すべて表示

← 未来座才てるてる日記⑥ 💫 スタッフ様への依頼 💫 出演者様への依頼 私がお願いして大丈夫なのか? 内心、戸惑いどころでした。面識の無い方もいらっしゃいましたので、当然ながら相手は私を知らないわけで…丁寧に説明はさせていただいたのですが…。 私からの連絡を受け話しを聞いてくださった全皆様、お返事には可否が当然ながらありますが、丁寧にお返事をくださいました。感謝。 実際に稽古に入ると、オファ

← 未来座才てるてる日記④ 作品を創るということは 本当に沢山のやることがあるのですね まずは大筋 🌟脚本 → 演出 → スタッフ 🌟舞踊台本 → 上演時間 → 出演者 を見える化していく この根幹となる脚本&台本 この人選には時間はかからなかった 版権元様プレゼン会議終盤、フランクに話している時に、版権元様からリーダーにかけられたこんなお言葉 「素材だけしか見てなくて作品を知らずに、ドラマテ

← 未来座才てるてる日記③ 第4回未来座公演を数ヶ月後に控え 世の中が流行り病に犯された 次々に劇場公演の中止や延期を耳にするようになり、未来座も延期が発表された 当時の制作さん達のそれまでの尽力とお気持ち、判断を迫られた先生方のお気持ちを慮ると言葉にならない感情になった記憶 1年延期で上演された 第4回 新作日本舞踊 未来座=祭=「夢追う子」 舞踊家の情熱が全面に表現された公演。とても感動し揺さ