48文字カルタ・日本舞踊と着物の豆知識

ばんどうりゅう | 坂東流    

曲にあわせ お芝居できる 坂東流

私の所属する「坂東流」は

歌舞伎役者である坂東三津五郎を家元とする
古典の作品を大切に踊るお
流儀です

各地域のお師匠様が引き継ぐ舞踊を大切としています

七代目三津五郎師より流儀として成立しました

私は九代目坂東三津五郎に名取りを許していただき

十代目坂東三津五郎、現在の坂東巳之助家元のもと

坂東流の古典舞踊を大切に学んでおります

 

坂東流は主に歌舞伎舞踊を多く継承しているので

踊りの特徴としては所作が含まれる振りが多く
芝居心が踊りの中に出てくるのが特徴です

舞台演劇の要素が強い流儀だと思います

十代目家元からは

1曲の最初から最初までの作品の線を切らさない事

振りと振りをつなぐ「うみじの大切さを

教えていただきました。

日本舞踊は、いろいろな人物が登場します

曲の中に様々な人間模様が描かれるなどの

踊り分けは、見るのも楽しいですし

踊るのは、まさに、舞踊家の醍醐味です

※ 私の経験上の知識です 諸説あり ご容赦下さい