48文字カルタ・日本舞踊と着物の豆知識

しょう | 衣裳  

本衣裳 見た目にはるか 重量上げ

日本舞踊は舞台芸術です

自前の着物で踊る場合と本衣裳で踊る場合があります

 

本衣裳は本来の昔のスタイルで肌着からつけていきます。

見えなくてもちゃんと着けるべきものは着け、外見よりも枚数を重ねます。

 

また、お客様の目に分かりやすく作品を届けるためにも、本衣裳は身体の本来の線より、存在感を大きく着物の柄や着こなしの線を魅せるので、着物地自体がある程度厚手です。

役どころによっては布団を着ているような感覚もあります。

本衣裳には、お客様の遠目でも伝わりますよう

刺繍も立派に施され、金銀箔もしっかりと貼られております

装飾が多ければ多いほど

ズ~ッシリ

つまりとーっても重いのです

 

私達は、その重みを利用しながら

時に力強く

時に軽やかに

時にしなやかに

舞台で踊っています。アスリート並の体力かも。

※ 私の経験上の知識です 諸説あり ご容赦下さい